FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧の軌跡 断章+最終章「それでも僕らは」(前編)

というわけで今回は断章と最終章の序盤の感想をっと。
まぁもうこれ書いている時点で碧の軌跡クリアーしましたが(笑

ただ、軌跡シリーズは最終章が特に長いんですよね。
なので今回は序盤だけ。

まずは断章から。
全開の最後でアリオスさんにフルボッコにされて監獄行きにされてしまいました(´・ω・`)
で、同僚がなんて前作の敵だったガルシアの若頭!

このガルシアの若頭と一緒に監獄を脱出するのですが、道中懐かしい面々と再会しました。
まずはルバーチェ商会のボスのマルコーニ会長との再会ですが、この人はぶれていませんね(笑
けど、マルコーニ会長に対してはガルシアの若頭は完全に忠誠を誓っていますね。
色々と昔何かあったのでしょう・・・

続いて序章でヘタレになったハルトマン元議長ですが・・・この人威厳がもうなくなりましたね・・・
マルコーニ会長よりひどいです・・・

最後にアーネストさんと再会しましたが、誰この人!!!?って思うぐらい改心していました。
いや、いいんですがねw

ちなみにこの断章の敵は雑魚なので特に言うことはないです。

懐かしい面々と別れを告げてガルシアの若頭と脱出したと思ったら、若頭は部下をおいて自分だけ脱走しないという決意が(´;ω;`)
というわけで若頭とも別れを告げましたが、追っ手に追いつかれたところで、神獣化したツァイトに助けられたところで断章は終了です。

で、最終章の序盤ですが、神獣化したツァイトに助けられてワジとケビン神父と合流しました。
ワジの正体はケビン神父と同じで聖杯騎士団のお偉いさんでした。
どうやら、結社の機械人形2体をケビン神父と助っ人さんが引き受けてくれるみたいで、その間にクロスベルに突入しなさいと言うことみたいです。

現状確認すると、帝国軍、共和国軍がクロスベルに対して進行していますが結社の用意した機械人形で守護されており、なおかつクロスベル市内全体に結界が張られている状態です。

というわけで、各地に散った仲間と合流するというわけです。
仲間と合流というわけですが、まずはティオから合流していきます。

今回はここまで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://misuman04.blog63.fc2.com/tb.php/126-233c6ab1

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。